トライズではTOEIC対策はしてる??それ専門の授業はあるの??

トライズは「本物の英語力」を受講生に身に着けもらうために1年に1000時間もの勉強時間を課しています!!!

 

ネイティブ講師によるマンツーマンレッスンや個人学習を毎日3時間平均で行わなければならないなど、なかなかスパルタではありますが顧客満足度はなんと90%を超える超優良スクールでもあります!(^^)!

 

そんなトライズの特徴が

 

1年1000時間の英語学習

 

あなたの目的に合わせてカスタマイズ

 

英語を聞く力、話す力に集中

 

レッスンはあなたが英語を話す場所

 

専属の専門家たちによるサポート

 

という5つのメソッドに基づいてレッスンを進めていきます(*´ω`*)

 

今回の記事ではそんなトライズではTOEICに対応した授業は行っているのか??どうかをお調べしたので最後までお付き合いください♪

 

トライズではTOEICに対応した講義は行っている??

 

初めにぶっちゃけちゃいますがトライズではTOEICそのものに対応した講義というのは行っておりません。

 

しかし

 

トライズでは基本的に受講生の目的に応じて自由に学習プランをカスタマイズしてくれるという特徴があります('ω')ノ

 

ということはトライズではあらかじめ無料カウンセリングの際にTOEIC対策を重点的にやりたいということをお伝えしていれば、それに合わせた教材や学習プランを用意してくれる可能性は高いといえます(*^▽^*)

 

そしてトライズの講義をしっかりと毎日継続的にやっていれば、TOEICのスコアも間違いなく上がります!!!

 

さほど心配する必要はありません。

 

もう一つトライズがTOEIC対策にそんなに力を入れてない理由があります

 

それがVersant(ヴァーサント)の存在です。

 

Versant(ヴァーサント)って何??

 

Versant(ヴァーサント)は国際的な英語力を判定するための試験で、トライズでは月1回このテストを行っております(^^♪

 

そしてこのVersant(ヴァーサント)は大手企業でも採用しているところは多いため就職や転職などにも有利になる可能性が高いのです(^^)/(ただしあくまでも企業の採用基準によって異なります)

 

このVersant(ヴァーサント)は実際に英会話力もチェックできますので、トライズに入った方はTOEICではなく、このVersant(ヴァーサント)一択に絞ってもいいかもしれませんね('ω')ノ

 

 

トライズではなぜVersant(ヴァーサント)を採用しているのか??

 

 

Versant(ヴァーサント)は従来のTOEICなどとは違いスマホアプリさえあれば、いつでもどこでも受験ができます(^^♪

 

その内容はより実践を重視したテストであり、「英語を聞いてから英語で話す」といった形式をとるこれらの問題では、発話をリアルタイムで理解し、的確に処理する能力が必要とされます。

 

これがどういうことかおわかりでしょうか??

 

つまり多くの英会話スクール中でも、より話すことを重視し、実践的ともいえるトライズでは正にVersant(ヴァーサント)のテストが一番目的に即したものになっているからです('ω')ノ

 

トライズでは基本的に単語と文法の学習は行わず、話すための学習に特化しています。

 

以上がトライズがVersant(ヴァーサント)を採用している理由になります(^^)/

 

 

ではトライズではTOEICのスコアはさほど上がらないのか??

 

これに関しては一応記事の途中で少し書いていますが、トライズで勉強していてTOEICのスコアが全く上がらないかというと、決してそんなことはありません。

 

実際にTOEIC600点台だった受講生が800点くらいまでUPしたという報告もされています。

 

なぜTOEICのスコアが上がったのか??

 

それはおそらくシャドーイングの影響が大きいものと思われます。

 

シャドーイングとは耳で聞いたスピーチをそのまま同じように話す練習方法のことです。

 

それを毎日トライズであれば3時間近くの学習時間を取って反復しているわけだから、もう飛躍的に英語力は上がります(*^▽^*)

 

ただあくまでもトライズはTOEICに注力しているわけではないので、本気でTOEICのスコアを伸ばしたいと思ったら、それ専門のスクールに行くのが望ましいかと思います(^^)/

 

 

この記事のまとめ

 

トライズでは話すことに重きを置いているためTOEIC専門の講義は行っていない

 

大手企業でもトライズではTOEIC対策はしてる??それ専門の授業はあるの??

 

トライズは「本物の英語力」を受講生に身に着けもらうために1年に1000時間もの勉強時間を課しています!!!

 

ネイティブ講師によるマンツーマンレッスンや個人学習を毎日3時間平均で行わなければならないなど、なかなかスパルタではありますが顧客満足度はなんと90%を超える超優良スクールでもあります!(^^)!

 

そんなトライズの特徴が

 

1年1000時間の英語学習

 

あなたの目的に合わせてカスタマイズ

 

英語を聞く力、話す力に集中

 

レッスンはあなたが英語を話す場所

 

専属の専門家たちによるサポート

 

という5つのメソッドに基づいてレッスンを進めていきます(*´ω`*)

 

今回の記事ではそんなトライズではTOEICに対応した授業は行っているのか??どうかをお調べしたので最後までお付き合いください♪

 

トライズではTOEICに対応した講義は行っている??

 

初めにぶっちゃけちゃいますがトライズではTOEICそのものに対応した講義というのは行っておりません。

 

しかし

 

トライズでは基本的に受講生の目的に応じて自由に学習プランをカスタマイズしてくれるという特徴があります('ω')ノ

 

ということはトライズではあらかじめ無料カウンセリングの際にTOEIC対策を重点的にやりたいということをお伝えしていれば、それに合わせた教材や学習プランを用意してくれる可能性は高いといえます(*^▽^*)

 

そしてトライズの講義をしっかりと毎日継続的にやっていれば、TOEICのスコアも間違いなく上がります!!!

 

さほど心配する必要はありません。

 

もう一つトライズがTOEIC対策にそんなに力を入れてない理由があります

 

それがVersant(ヴァーサント)の存在です。

 

Versant(ヴァーサント)って何??

 

Versant(ヴァーサント)は国際的な英語力を判定するための試験で、トライズでは月1回このテストを行っております(^^♪

 

そしてこのVersant(ヴァーサント)は大手企業でも採用しているところは多いため就職や転職などにも有利になる可能性が高いのです(^^)/(ただしあくまでも企業の採用基準によって異なります)

 

このVersant(ヴァーサント)は実際に英会話力もチェックできますので、トライズに入った方はTOEICではなく、このVersant(ヴァーサント)一択に絞ってもいいかもしれませんね('ω')ノ

 

 

トライズではなぜVersant(ヴァーサント)を採用しているのか??

 

 

 

Versant(ヴァーサント)は従来のTOEICなどとは違いスマホアプリさえあれば、いつでもどこでも受験ができます(^^♪

 

その内容はより実践を重視したテストであり、「英語を聞いてから英語で話す」といった形式をとるこれらの問題では、発話をリアルタイムで理解し、的確に処理する能力が必要とされます。

 

これがどういうことかおわかりでしょうか??

 

つまり多くの英会話スクール中でも、より話すことを重視し、実践的ともいえるトライズでは正にVersant(ヴァーサント)のテストが一番目的に即したものになっているからです('ω')ノ

 

トライズでは基本的に単語と文法の学習は行わず、話すための学習に特化しています。

 

以上がトライズがVersant(ヴァーサント)を採用している理由になります(^^)/

 

 

ではトライズではTOEICのスコアはさほど上がらないのか??

 

これに関しては一応記事の途中で少し書いていますが、トライズで勉強していてTOEICのスコアが全く上がらないかというと、決してそんなことはありません。

 

実際にTOEICが600点台だった受講生が800点くらいまでUPしたという報告もされています。

 

なぜTOEICのスコアが上がったのか??

 

それはおそらくシャドーイングの影響が大きいものと思われます。

 

シャドーイングとは耳で聞いたスピーチをそのまま同じように話す練習方法のことです。

 

それを毎日トライズであれば3時間近くの学習時間を取って反復しているわけだから、もう飛躍的に英語力は上がります(*^▽^*)

 

ただあくまでもトライズはTOEICに注力しているわけではないので、本気でTOEICのスコアを伸ばしたいと思ったら、それ専門のスクールに行くのが望ましいかと思います(^^)/

 

 

この記事のまとめ

 

トライズではTOEICの講義を専門にやっているわけではないので、TOEICのスキルを上げたければ別のスクールに行くのが望ましい

 

 

大手企業でもVersant(ヴァーサント)に対応している企業が増えてきているため、今のうちにそっちを本格的に重点的にやるのも手ではある。

 

TOEICでもVersant(ヴァーサント)でもスコアを上げよう上げようと思わずに毎日の継続的学習「特に大事なのはシャドーイング」を行えば嫌でもスコアは上がる!!

 

 

無料カウンセリングはこちら→